見出し画像

【R6葛高022・総探】先輩の発表を聞こう

 日頃より本校noteをご覧いただき誠にありがとうございます。

 4月24日(水)に総合的な探究の時間の2回目として行われたのは『先輩の話を聞こう』でした。1年生は総探活動が初めてで、どんな活動をしたらいいのか?どんなことをテーマに掲げたらいいのか?が分からない…といった声を聞きます。
 そこで、まずは葛高の先輩がどんなテーマで活動をしてきたのか、そしてこれからどんな活動をしていこうと考えているのか、を直接聞いてみよう!という目的で行いました。

 昨年度の2月に先輩たちが行った発表会の様子は、こちらで紹介しています。


 では、早速発表を聞いたときの様子をご紹介します。

2年生の発表を聞いてみた(ポスターセッションにて)

 2年生はポスターセッションの形式で発表を聞きながら、その後ざっくばらんに先輩に質問をしたり、先輩達がポスターに書けなかったことまで聞いたりとポスターセッションならではの形で、1年生は総探のイメージを膨らませていました。

 「やってみたい!と声をかけてくれた1年生が多くいた。嬉しい!」

「発表してみて、興味を持ってくれたことが嬉しかったし、話していく中で自分の考えを整理することが出来たので、発表会をやって良かった」

1年生に対して発表をしてみて、2年生にとっても学びがあったようです。

3年生の発表を聞いてみた(口頭発表にて)

 ポスターセッションで2年生の発表を聞いた後に、3年生の発表を聞きました。3年生はPowerPointを使って口頭発表形式で発表してくれました。

 スライドの作り方や発表する時の姿勢、そしてより伝わりやすくするにはどうすればいいかを工夫しているのがものすごく感じられました。1年生も2年後は、こんな風に発表できるようになりましょう!

1年生の感想

 1年生は総探というものの概念を、今回の先輩の発表を聞くことでいい意味で覆らせたようでした。以下に生徒の感想の一部をご紹介します。

 自分は勝手にもっと小さな範囲で活動するのかと思っていたが、高校だけでなく町全体で活動していてすごいと思った。

 私は環境問題のことや、クリーンエネルギーのことを探究したいと考えていた。しかし、3年生の先輩の話しを伺って見ると、「ゴミが少なかった、拾われていた。」と言う結果を言っていて、とても驚いた。このように、予想や予定とは全く違うことになるかもしれないと思い、目標が決まったら、入念に色々なパターンを想定しなければならないと思った。また、改めて、この時期からでも、自分から動くことの大切さや、好きなことを探求すると、どんどん面白くなっていくことに気がついた。これからは、新しい観点から考え、楽しみ、総合的な探究の時間を充実させていきたいと考えた。

 チームが違うだけで取り組み内容が全く違うものになっていて面白かった。この中などから自分がやりたいと思うものについてもっと詳しく知りたいと思った。

 難しそうなイメージでしたが自由な発想でいいとわかったし、葛巻町民だけでなく町外の人からの意見が大事だと気づきました。

 葛巻の良さなどを伝えるたまに様々な発表があってとても素晴らしいと思った。自分も先輩達のような活動をしていきたいと思った。

 1年生は次週から、葛巻のことについて講演会を通して多くの大人に教えてもらう機会があります。葛巻高校にはそんな教育的な土壌があります。
 葛巻町のことを知り、その中から自分の興味、やりたいこと、好きなことを見つけたり、掛けあわせてみたり生徒のオリジナルの探究活動をチャレンジしていきましょう!

 

この記事が参加している募集

ふるさとを語ろう

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。 これからも葛高生の魅力を発信していきます。 ぜひフォローをお願いします。